• 〒462-0869
    愛知県名古屋市北区
    龍ノ口町3丁目17-2
  • TEL: 052-913-3555
施術メニュー
肩の痛み肩の痛み
手の痛み手の痛み
腰の痛み腰の痛み
足の痛み足の痛み
自律神経調整
むくみむくみ
しわしわ
たるみたるみ
しみしみ
診療時間
9:00
-12:00
16:00
-20:00
○○
○○
○○
×○
○○
土※○○
××
【休診日】木曜午前・日曜日・祝日
※第3土曜日は休診となります。
お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
052-913-3555052-913-3555

手の痛み

手の痛み

このようなお悩みはありませんか?

手の痛み
  • 手をつくと痛みが走る
  • 手首が痛くて物がつかみにくい
  • 指の曲げ伸ばしがスムーズに出来ない
  • 手先に力が入らない
  • 仕事で手を動かしていると痺れが出る
手の痛み

手や指は日常生活や仕事で毎日使う部分なので、傷めた場合でも休めることが基本的には難しいでしょう。テーピングをしたりサポーターで固定すると一時的に症状が軽くなる場合もありますが、それだけだと痛みが再発する場合がほとんどです。
また、手、指、ひじなどはよく動く関節なので、無意識の内に使いすぎている場合や、誤った使い方をして傷めてしまう場合、休められないゆえ長時間痛みを我慢して酷使しているケースもよく見かけます。

手の症状

手首の捻挫

手首の捻挫

バランスを崩したり倒れそうになってとっさに手をついた時、つき方が悪いと捻挫を起こしてしまいます。気を付けなければならないのは「少し捻っただけだから」と放置してしまう場合です。症状が軽いし・・・と思い放っておくと捻挫のクセがついてしまい再発のリスクが高まる上、完治しないという自体にも陥りかねません。

手首の脱臼

手首の脱臼

関節に大きく負担がかかった場合に起こる事があります。関節が骨の関節面から外れてしまう「脱臼」と、完全には外れず中途半端に外れてしまう「亜脱臼」とがあります。捻挫と同様、痛みが少ない時に放っておくと後々大変なことになってしまいます。手首がカクっと動いたり不安定な状態で違和感がある場合には、痛みがなくとも必ずご相談下さい。

腱鞘炎

腱鞘炎

腱鞘(指の関節にある、トンネルのような鞘状の部分)が使いすぎなどにより炎症を起こし、団子状になる状態のことを腱鞘炎と言います。パソコンのキーボード打ち、ピアノ演奏などのように、指を使う反復動作による疲労の蓄積で起こります。日常生活や仕事、スポーツでも指は使う頻度が高い為、放置すると症状がどんどん悪化し、だんだん曲げられなくなってしまいます。

①バネ指(弾発指)
手の指自体に起こってしまう腱鞘炎のことで、曲げた指が戻らなくなったり、反対の手で戻そうとすると痛みを伴います。何かを長時間握って曲げた状態で固定している場合に起こります。(編み物や草むしりなど)
②ドゥケルバン腱鞘炎
手首に発症する腱鞘炎の事です。主に親指から手首にかけて激痛が走ったり、突っ張ったような違和感が生じます。重たいものを長時間持つなどで手を酷使した場合に炎症が起こります。

腱鞘炎の治療にはやはり炎症部分を休めること!これが一番大切です。
当院では日ごろの使い方や休め方、ストレッチなどきちんと指導させて頂きます。

TFCC損傷

TFCC損傷

「小指側の関節に痛みが走る」そんな症状はありませんか?
手首の捻挫かな?と思っていても症状が改善されなかったり、スポーツ時にラケットを握ることが出来なかったり・・・原因としてTFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)が挙げられます。
小指側にある手首の関節(少し出っ張っている部分)と親指側の手首の関節をつないでいる部分を「TFCC(三角線維軟骨複合体)」と言います。そこに大きな負担がかかり亀裂が入る症状です。
主にテニスやバトミントンなど、ラケットスポーツをする方によく見られる症状で、手首を小指側に傾けて力強く打ち返す時などに圧力がかかり発症します。
日常生活だと手を強く床についた時や重たい荷物で負担が掛かった場合に生じます。

手の痛み

手の痛みは放置してしまう方が本当に多いです。
はる接骨院では手技の治療、テーピングやサポーターによる固定療法に加え、手の動かし方の工夫(負担のかからない使い方)をお伝えしています。忙しく毎日動かしていても簡単には痛みが出ないような持久力を付ける事も大切です。お任せ下さい。

CopyRight (c) はる接骨院 All Rights Reserved.