• 〒462-0869
    愛知県名古屋市北区
    龍ノ口町3丁目17-2
  • TEL: 052-913-3555
施術メニュー
肩の痛み肩の痛み
手の痛み手の痛み
腰の痛み腰の痛み
足の痛み足の痛み
美容メニュー準備中
むくみむくみ
しわしわ
たるみたるみ
しみしみ
診療時間
9:00
-12:00
16:00
-20:00
○○
○○
○○
×○
○○
土※○○
××
【休診日】木曜午前・日曜日・祝日
※第3土曜日は休診となります。
お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
052-913-3555052-913-3555

しみ

しみ

しみとは何か?


しみは主に30代以降の女性に見られる、メラニンという色素が多くなった状態です。元々薄い茶色だったものが年とともに色濃く目立ってきてしまいます。

そもそもメラニンとは、肌を紫外線から守る大切な役割をしてくれています。
肌が紫外線を浴びると活性酸素が発生します。そこでメラノサイトが活性化し、メラニン色素を生成します。これが真皮に被さり、紫外線が届かないように作用するのです。
しかし、紫外線により角化細胞(ケラチノサイト)に異常が生じるとメラニンの生成が止まらなくなり、過剰に作り出されてしまいます。その色素が残るので、しみとなって表面へ現れてしまいます。
紫外線以外にも、顔をタオルで強くこするなどで肌を傷つけることや、ストレスによる活性酸素の過剰発生に気をつけましょう。

しみの種類

老人性色素斑

老人性色素斑

主に老化による肌の変化によるものだと言われており、これまでに浴びた紫外線が原因して、時間の経過とともに現れます。通常40歳前後ぐらいから現れてきます。早ければ20代から現れる場合もあり、それは「光老人性色素斑」と呼ばれます。

肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)

女性ホルモンのバランスが影響するしみです。
大体30〜40代の女性に多く、50代後半ぐらいまでその症状が見られます。その後は閉経により消えたり薄くなったり変化が生じると言われています。

そばかす

そばかす

大きく分けて先天性のものと後天性のものがあります。
先天性のものだと遺伝が主で、思春期に多く見られる場合がほとんどです。思春期を過ぎれば消えると言われています。
後天性のものは一般的に「しみ」と呼ばれるものになるので、そもそもそばかすとしみは別物と考えて頂いた方が的確です。頬や鼻の周り、手足など体にも生じます。

CopyRight (c) はる接骨院 All Rights Reserved.