• 〒462-0869
    愛知県名古屋市北区
    龍ノ口町3丁目17-2
  • TEL: 052-913-3555
施術メニュー
肩の痛み肩の痛み
手の痛み手の痛み
腰の痛み腰の痛み
足の痛み足の痛み
自律神経調整
むくみむくみ
しわしわ
たるみたるみ
しみしみ
診療時間
9:00
-12:00
16:00
-20:00
○○
○○
○○
×○
○○
土※○○
××
【休診日】木曜午前・日曜日・祝日
※第3土曜日は休診となります。
お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
052-913-3555052-913-3555

腰の痛み

腰の痛み

このようなお悩みはありませんか?

腰の痛み
  • 朝起きると腰に痛みが走る
  • 少し動くだけで腰が痛い
  • 腰痛が原因で仕事に支障を来す
  • 何度もぎっくり腰になってしまう
  • 安静にしているのに痛みが治まらない
  • 手術をしないと治らないと言われてしまった
腰の痛み

昨今、腰痛の原因が何であるのか曖昧で分からないといったケースが多く、中には心の問題とまで言われる事もありますが、原因のほとんどが「物理的な問題」であることは間違いありません。自然と猫背になっていたり、片方の足に体重をかけたり足を組むクセ、その事が原因になって背骨や骨盤の動きが鈍くなってしまったり・・・腰に危機が迫っている故、それを痛みとして脳に知らせている状態が腰痛なのです。

はる接骨院では手技による根本の治療と、日ごろ気を付けるべき点、ストレッチなどのアドバイスも行っております。まずはご自身の姿勢を見直してみて下さい。正しい治療や普段の心がけで、必ず腰痛は回復します。特に女性の場合は男性に比べて筋力が弱い分、体幹の支えがふらふらと不安定になりやすい傾向にあります。立っている状態、座っている状態の姿勢、寝方をよく分析し、生涯における体の在り方をよく理解する必要があります。 鎮痛剤などの一時的な回避は好ましくありません。「まぁいいかな」とご自身で判断せず、まずはご相談頂くことをお勧め致します。

当院独自の治療法FMT腰痛治療法のご紹介は、こちらからFMT腰痛治療法

腰の症状について

ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰は炎症を伴う急性の腰痛で、急な運動や重たい荷物を持ち上げたり運んだりする際腰に負担がかかり発症することが多いと言われていますが、背中や腰周りの筋肉の衰えにより前かがみになるだけでもぎっくり腰になる場合もあります。加齢とともに体の柔軟性は失われ、ぎっくり腰を頻発してしまうというのも珍しくはありません。その他普段の姿勢による腰椎のずれ、関節の異常、内臓の異常からも発症する場合があります。

  • 予防として
  • ①普段からの姿勢のチェックやストレッチ
  • ②重いものを持つ時は動作をゆっくりとし、きちんと膝を曲げて持ち上げること
  • ③腰をなるべく逸らさない

などがあります。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板は椎骨(背骨を構成している一つ一つの骨)の間にあるクッションの役目をするもので、とても柔らかく、前側を圧迫されると後ろに突き出してしまいます。椎間板ヘルニアというのは椎間板が後ろ側に突き出している状態で、これが神経を圧迫し、ぎっくり腰のような激痛だけではなく、足の痺れや痛み、力が入らないといった症状が現れます。
重要な事は、椎間板の前側を圧迫させない、つまり、背中を丸めないことです。
主な治療としては、背中の柔軟性の回復、姿勢の見直し、お勧めの体操やストレッチで改善していきます。病院でヘルニアと診断されて「もう治らない」とお考えの方も非常に多く見受けられますが、当院では元の症状に戻りにくい体作り、根本の歪みや骨の反りを丁寧に治療致します。早めのご相談を!

若い内から注意を!

若い内から注意を!

たとえば10代や20代では、腰椎に異常が見られる例は比較的少ないと言われています。その多くはこれからの危険を知らせる信号です。若い内から姿勢など日ごろの習慣を見直し正すことから始め、体に習慣付けていきましょう。 「なんだか痛いな・・・」という慢性的な痛みの場合でも、将来的にヘルニアや坐骨神経痛に発展する事もあります。既に症状が出ている場合には特に早めの治療を!

CopyRight (c) はる接骨院 All Rights Reserved.